冬の神話

 

アマテラス:「アスファルトさん、こんにちわ。雪が解けて姿を現しましたね。」

 

アスファルト:「じゃかあしい!!!折角寝てたのに!布団めくりやがって!」

 

アマテラス:「めくったのは私ではありません。暖めていただけですよ。」

 

アスファルト:「ちっともあったまらねえぞ!夏にならんのか!」

 

アマテラス:「それは無理ですよ、雪国ってのが売りですから、そこは。」

 

アスファルト:「ちっ!しゃーねえな。ま、ゆっくり冬眠できるしな。」

 

アマテラス:「そうですよ、踏みつけられて汚されて大変ですからね。」

 

アスファルト:「冬の方が酷いぞ、なんだあの除雪車は!素っ裸にした上に皮膚まで削りやがって!」

 

アマテラス:「保護具がない電動カミソリですよね。雪がシェービングクリームになってるのに、あれじゃあ意味ないですよね。」

 

アスファルト:「俺は意外と皮膚が弱くて、すぐカミソリ負けして血だらけになるんだよ。って血は出ないか・・・」

 

アマテラス:「それなら床屋さんにスコップで丁寧に剃ってもらった方が良いですね。」

 

アスファルト:「・・・よく考えたら俺、ヒゲ生えてないぞ・・・」

 

アマテラス:「あら?そう言えば肌ツルツルですね。何のクリーム塗ったんですか?」

 

アスファルト:「いや・・・これは美肌クリームじゃなくて・・・解けた雪が凍っただけだよ・・・あんたのせいだ。」

 

アマテラス:「ああ・・・ツルツルしすぎて車の事故絶えないですよね。」

 

アスファルト:「車を走りやすくするために俺たちは居るみたいだが、運転する奴がアホだとどうにもならん。」

 

アマテラス:「ヒゲが生えてるとスリップも防止できますかね?タイヤパンクしかちゃうかな」

 

アスファルト:「そうだろうけどさ。最近ヒゲ生やしてる人多いじゃん。だから俺も生やしたいんだけど。」

 

アマテラス:「岩をも突き破る雑草が何処かに眠ってるはずですよ。」

 

アスファルト:「そうなのさ、きっと俺の中にも眠ってるはずだ。お前に会いたがってるかもな。」

 

アマテラス:「あら?だったら出してあげれば良いじゃない。」

 

アスファルト:「バカヤロウ!すっげえ痛えんだぞ!穴は開くし、ひび割れるし、血は出ないけど・・・」

 

アマテラス:「でも、あなたも大変ですね。上からも下からも。圧力に挟まれてるのですね。」

 

アスファルト:「そうなんだよ・・・いくら硬いとは言え薄い板。天地からの板ばさみ。」

 

アマテラス:「だったら壊れちゃいなさいよ、ばらばらに。車のことなんか考えないで。」

 

アスファルト:「車はどうするんだ?俺の存在意義もどうするんだ?」

 

アマテラス:「知らないですよ、そんなこと。車は何処でも走れますよ。あなたは裏

も表も両方日向ぼっこでもすれば良いじゃないですか。」

 

アスファルト:「そ、そうだな・・・それも良いかもな。」

 

アマテラス:「そうよ。あ・・・雲が・・・ああ、雲隠れ。」

 

アスファルト:「うおおお!雪がああああ!また冬眠かああ!」

 

アマテラス:「またお会いしましょう、アスファルトさん。」

 

アスファルト:「そ、そうだな、アマテラス。できれば除雪じゃなく春の陽気で会いたいもんだ。あったかくしてくれよ。」

 

アマテラス:「暖かくゆっくり融かしますね。風邪ひかないように。」

 

アスファルト:「アマテラス・・・」

 

アマテラス:「何でしょうか?」

 

アスファルト:「俺も融かしてくれないか・・・?」

 

アマテラス:「え?そんなの無理ですわ。みんな焼け死んじゃいますよ。」

 

アスファルト:「そうだよな・・・お前は遠くにいるから暖かいんだ。近寄れば火傷する。」

 

アマテラス:「近寄りたくても身動きできないわ。他の星も照らさなきゃいけないんだもの。」

 

アスファルト:「ああ、わかってる。俺ひとりのわがままは通らない。」

 

アマテラス:「でもね、この熱さのせいで、みんな近寄ってこないし、近寄れないのは・・・」

 

アスファルト:「寂しいのか?寒いのか?」

 

アマテラス:「ああああ!雲に全部隠れちゃう~~、さようならアスファルトさ~ん!」

 

アスファルト:「おーい!待ってくれー!うわああ!吹雪いてきたー!お先真っ白~!」

 

 

ナレーション:「分厚い雲と雪。ふたりにとって壁でもあり扉でもある。」

 

 

アマテラス:「へーっくしゅん!!!熱があるのは風邪ひいてるからなのよ。あ!雲が吹っ飛んだ・・・」

 

アスファルト:「うわああ!突然凄いドカ雪があ!重てえええ!潰れる!寒い!へーっくしゅん!!!」

 

 

ナレーション:「へーっくしゅん!!!今日は物凄く寒いな、早く春来ないかな・・・あれ?良い天気だ?雪もない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナレーション:「あれ?アスファルトに花が咲いてる。」

 

 

 

    おわり

prev<<  novel  home

what's new

特に目新しいものは

ございませんが

 

2012/08/26

photo 夏物語

「迷いの森」

photo 秋時雨

「Angel」

photo 冬景色

「Faraway」

「White Room」

 

 

link

私は世の中とリンクしておりません。